うつ病

うつ病なんです」って告白されるのが嫌いっていう話です。

 

というのも、自分のことをうつ病って言う人の話を聞くと、生活習慣が悪いんです。食事、運動、睡眠がグダグダな感じなんです。

そんな生活してたら、体調もおかしく、気分落ちるの当たり前だろって思っちゃいます。

 

とは言っても、僕も自分でうつ病って言ってた時があるんですが。。。

そうなった流れは、

①2年ほどほぼ休みなく働いてひと段落し、

②ある程度の資産ができて、しばらく働かなくて生活できるようになり

③勤労意欲をいきなり失い、それによって仕事仲間に迷惑がかかり

④罪悪感があるけど、今まで不便ない生活ができる為に働いていたので、やっぱり働く意欲がわかず

うつ病を自覚する

 

でした。

でもこれって、今思えば、罪悪感なく休む為に、自分でうつ病を生み出したんだと思います。恥ずかしい話ですが。。

 

で、半年休みましたが、時間が経つにつれ治そうという前向きな気持ちになり、食事、運動、睡眠を改善したらすぐに治りました。

これも、休む欲望を十分叶え、そろそろ働いても良いかなって思っただけなんではと。

 

ちなみに、病院に行きましたが、薬はもらいませんでした。

これも、無意識ですが、うつ病の薬は中毒性があるので、休む為のうつ病なのに、ガチのいらないからって思っただけなんでしょう。

 

そういえば、2016年?に流行ったアドラー心理学の「嫌われる勇気」にも似たようなこと書いてますね。全ての感情は目的を達成するためのツール的な。

http://xn--cck1d7d6c.com/teleology-6/

 

とは言っても、実際気分もずっと落ち込んでいて、そうなると生活習慣も乱れる感じになり、体調が悪くなりさらに気分が落ちるといった感じにはなっていました。その悪循環が続けば、危なかったかもしれません。

 

まあ、何が言いたいかって言うと、うつ病の友達がいて、それを盾にした感じで、逆切れされたり、お金返さなかったり、理不尽なことが続き、限界を超え縁が切れたんです。

うつ病やったら、何やっても仕方ないんか!的に、その愚痴を書きたかったんですが、長くなったので、もう満足しました。