読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨット

自分はウェブサービスを中心として会社を経営しています。

 

事業をするのはヨットで航海するみたいなものです。

 

頑張って作ったヨットで、楽園目指して航海するわけですが、3つ大切なことがあります。

 

1つ目は、目的地=サービス を幸せになれるものに設定にすること。

いくら目的地に着いたところで、極寒の不毛の地だったら不幸せだし、そもそも誰も一緒に船にのってくれない。

人を不幸せするサービスや、世間から認められないサービスでお金を稼いだところで幸せにはなれないということ。

 

2つ目は、風=時代の流れ を読むこと。

いくら優秀なヨットを作っても風がなけけば、うんともすんとも進まない。

いくら優秀な手漕ぎスタッフ=営業マン が頑張っても、風がなければ進める距離はたかが知れてる。

また時には追い風だったのに、向かい風に変わることもある。その時は進む方向を再検討すべき。向かい風も逆の目的地を目指せば、追い風に変わる。

楽園はいくつもあるので、当初の目的地に固執する必要はなく、大切なのは良い目的地に着くこと。

ニーズが伸びるサービスを作る必要があるということ。

 

3つ目が、他のヨット=競合他社 を知るということ

いくら、追い風が吹いていても、目的地が南国パラダイスだとしても、そこを目指すライバルが強すぎたり、多すぎたら厳しい。

大砲で一撃で沈没されられたり、ヨットに乗り込んでスタッフもろとも強奪されるかももしれない。また追い風にのれるルートが渋滞で進まないかもしれない。

負けない競争相手と勝負するのが大切ということ。

 

この3つがまず大前提。

 

とは言っても、

初めは、風なんて読めないし、状況によって必要なヨットは変わるので、ある程度ヨットができたら出発してしまうのが良い。

進みながら風がどうなるかも少しずつ読めるようになったりするし、どんなヨットが必要かもわかってくる。スタッフも同じで、必要なスタッフがわかれば、どこかの港にでも立ち寄って探せば良い。

 

最後に、とりあえず出発できる最低限のヨットを作るのが大変だったり、無風が1年続いたり、敵にいとも簡単に沈没させられたり、スタッフにヨットを乗っ取られたり、そんなことはよく起こります。ていうか失敗の連続が当たり前。

 

だから、「どんな最悪な状況でも、元気にそれなりに幸せでいれること」

それが一番の必要な資質だと思います。状況=幸せ不幸せ ではないので。

うつ病

うつ病なんです」って告白されるのが嫌いっていう話です。

 

というのも、自分のことをうつ病って言う人の話を聞くと、生活習慣が悪いんです。食事、運動、睡眠がグダグダな感じなんです。

そんな生活してたら、体調もおかしく、気分落ちるの当たり前だろって思っちゃいます。

 

とは言っても、僕も自分でうつ病って言ってた時があるんですが。。。

そうなった流れは、

①2年ほどほぼ休みなく働いてひと段落し、

②ある程度の資産ができて、しばらく働かなくて生活できるようになり

③勤労意欲をいきなり失い、それによって仕事仲間に迷惑がかかり

④罪悪感があるけど、今まで不便ない生活ができる為に働いていたので、やっぱり働く意欲がわかず

うつ病を自覚する

 

でした。

でもこれって、今思えば、罪悪感なく休む為に、自分でうつ病を生み出したんだと思います。恥ずかしい話ですが。。

 

で、半年休みましたが、時間が経つにつれ治そうという前向きな気持ちになり、食事、運動、睡眠を改善したらすぐに治りました。

これも、休む欲望を十分叶え、そろそろ働いても良いかなって思っただけなんではと。

 

ちなみに、病院に行きましたが、薬はもらいませんでした。

これも、無意識ですが、うつ病の薬は中毒性があるので、休む為のうつ病なのに、ガチのいらないからって思っただけなんでしょう。

 

そういえば、2016年?に流行ったアドラー心理学の「嫌われる勇気」にも似たようなこと書いてますね。全ての感情は目的を達成するためのツール的な。

http://xn--cck1d7d6c.com/teleology-6/

 

とは言っても、実際気分もずっと落ち込んでいて、そうなると生活習慣も乱れる感じになり、体調が悪くなりさらに気分が落ちるといった感じにはなっていました。その悪循環が続けば、危なかったかもしれません。

 

まあ、何が言いたいかって言うと、うつ病の友達がいて、それを盾にした感じで、逆切れされたり、お金返さなかったり、理不尽なことが続き、限界を超え縁が切れたんです。

うつ病やったら、何やっても仕方ないんか!的に、その愚痴を書きたかったんですが、長くなったので、もう満足しました。

問題の原因は、いつだって根本的なとこにある

色んな問題が起こって、色々悩むんですけど、原因は根本的なところにあることが多いです。でも、けっこう本質とズレたところで悩んでしまうことってないですか。

 

最近、起こった問題で「共同経営」があります。

 

3年前、株を自分が50%、ビジネスパートナーが50%を持って事業を始めました。

共同経営はしちゃダメと色んな人が散々言ってる通り、案の定経営に対する意見に違いがでてきて、事あるごとに揉めます。

 

ちなみにこの時やっちゃいけないのが、自分の意見が正しい、相手が間違っていると考えてしまうこと。

そもそも会社を経営する目的自体、人それぞれ違って当たり前なので、意見なんて分かれて当然だからです。でも自分もついつい何でわかってくれないんだ!と衝突してしまうこともありました。

 

この場合、意見が分かれるのは必然なので、そこを悩んで解決しようとするのではなく、共同経営を始めてしまったことについて考え、行動するべきです。

 

ちなみに、よく最終的に起こるのが、お互いやりたいようにできないので、モチベーションが上がらず、事業が衰退していくっていう。

自分も同じ感じで、批判されない程度に最低限の仕事はやって、株100%の新しい事業に力を入れるようにしてます。できれば事業を売却して利益を分け合って終わりたいですが、なかなか買ってくれる人もおらず。

 

何にしても、今は相手と意見が合わないと無駄な悩みに時間が取られることはなくなりました。

 

他に根本的な原因わかってない例で、うつ病とかもそう。

うつ病を否定するわけではないですが、うつ病って自分で言っている人の話を聞くと大体、生活習慣が悪いです。そんな生活してたら、自立神経おかしくなって、体調悪くなって、メンタルやられるの当たり前!ってツッコミたくなります。

それを仕事が上手くいかないくてうつ病とかになっちゃっています。

 

逆に言えば、自己管理ができない自分を肯定するために、うつ病を言い訳に使っているとも言えるかも。

生活を見直すより、医者に行って薬もらってうつ病って言ってるほうが、努力しないで良いですからね。

 

問題が起こったら、根本的な原因と向き合わないと何も変わらないという話です。実際解決できるかは別ですが、間違った原因を解決しようとするよりマシ。